HOME商品一覧強酸性水生成器次亜水 高濃度次亜水生成器 ミニクローラ

次亜水、高濃度次亜水(クローラ水)生成器 ミニクローラ

ポータブル型次亜水生成器 ミニクローラ

  • ポータブル型次亜水生成器 ミニクローラ
  • ポータブル型次亜水生成器
  • ミニクローラ LB-251
  • 発売元 : リビングテクノロジー株式会社
  • ※ 販売終了致しました。
  • こんな環境にお勧めです!
    保育園、幼稚園、一般医療分野、歯科分野、養鶏場、療養型病院、厨房内の衛生管理、歯科分野使用例 »

操作はカンタン!クローラ水はこれ一台で簡単に作れます

ポータブル型除菌洗浄水生成器 ミニクローラのパネル操作

ノータッチセンサー採用
センサー部に手を近づけるとシャワーランプが点灯し、
クローラ水が吐水され15秒後に自動的に停止します。
15秒以内でも停止ボタンを押すとシャワーは停止します。
また、クローラ水生成中に、手を近づけてもセンサーは
働きません。

濃度設定ボタン
ソフトとハードのボタンの切り替えで用途に適した
クローラ水が簡単に作れます。

ハード生成水 : ふきん・まな板器具洗い物等に
ソフト生成水 : 手洗い等に向いています。

次亜水の抗微生物効果

微酸性電解水(微酸性次亜塩素酸水)

微酸性電解水は、陽極と陰極が隔膜で仕切られていない一室型電解装置で2〜6%塩酸水を電解することによって生成され、pHが5〜6.5で、有効塩素が10〜30ppmの次亜塩素酸水溶液で、生成水すべてが殺菌水であることが特徴的です。強酸性電解水と同様の抗菌・抗ウイルス活性を示します。安全性試験に関しても同様です。

【表3】微酸性電解水の抗微生物効果(20℃、1分処理、有効塩素濃度10ppm、pH6.0)

微生物 処理前(CFU / ml) 処理後(CFU / ml)
大腸菌(Escherichia coli O-157) 1.6×107 < 1
サルモネラ菌(Salmonella Enteritidis) 6.2×106 < 1
黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus) 9.9×105 < 1
緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa) 1.5×106 < 1
カビ分生子(Cladosporium sp.) 1.0×104 < 1
酵母(Saccharomyces sp.) 2.1×106 < 1

※強電解水企業協議会編「微酸性電解水使用マニュアル」より引用

ポータブル型次亜水、高濃度次亜水生成器 ミニクローラ 仕様

品名・品番 ミニクローラ LB-251(ポータブル型次亜水生成器)
定格電圧 AC100V
定格入力電流 2.6A
定格周波数 50-60Hz
質量 本体:約3.5kg(満水時 約11kg) / 電源アダプター:約6Kg
生成量 約7.5L / 回
生成時間 ソフト:約10分 / 回 ・ ハード:約30分 / 回
生成水水質 ソフト:有効塩素濃度 20〜40mg / L ・ ハード:有効塩素濃度 60〜120mg / L
生成助剤消費量 7.5g / 回 (1袋分)
ノズルの長さ 約40cm
シャワー部吐出量 約2L / 分
本体の寸法 幅約36×奥行き約18×高さ42(cm)
コードの長さ 本体側コード:約3m / 電源コード:約2m
保護装置 漏電ブレーカー(電源プラグ)
型式許可番号 91-56611(電源アダプター部)

資料請求フォーム

このページの上部へ戻る »