HOME商品一覧浄水器各種日本ガイシC-1シーワン浄水器 ビルトインセットC1浄水器について

C1シーワン浄水器 除去性能分析結果、リサイクルシステムについて

machine

「どれだけ、取れるか」
「いつまで、取れるのか」を追求したC1は、「きれい」の中身が違います。

シーワンC1浄水器は「取り除く」という定義に真正面から取り組みました。たとえばクロロホルム。基準値では80%以上除去することが求められていますが、C1の除去率はなんと99%以上(検出せず)。C1カートリッジ寿命の目安である7500リットル通水後でも、除去率98%を維持しています。また、家庭用品品質表示法で定められた13種類の物質以外にも、細菌やアスベストなどを除去できることが証明されています。活性炭の種類が同じであれば、量が多ければ多いほど浄化能力は高くなります。

ちなみに、シーワンC1浄水器のスタンダードタイプの活性炭量は焼く250グラム。蛇口に直接取り付ける一般的な浄水器の、約10倍に相当します。これだけ多くの活性炭が詰め込まれているため、1年間も浄化能力が保たれます。はるかに高性能、ずっと高性能。これがC1です。

シーワンC1浄水器 除去性能分析結果

c1

  初期除去率 7500リットル
通水後の除去率
項目 基準値
※1
除去率 検出濃度 除去率 検出濃度
総トリハロメタン 80%以上 99%以上 検出せず 97.8% 0.0024
クロロホルム 80%以上 99%以上 検出せず 98.0% 0.0012
ブロモジクロロメタン 80%以上 98%以上 検出せず 98%以上 検出せず
ジブロモクロロメタン 80%以上 99%以上 検出せず 99%以上 検出せず
ブロモホルム 80%以上 99%以上 検出せず 99%以上 検出せず
テトラクロロエチレン 80%以上 97%以上 検出せず 97%以上 検出せず
トリクロロエチレン 80%以上 98%以上 検出せず 98%以上 検出せず
1,1,1-トリクロロエタン 80%以上 99.3%以上 0.0020 98.5% 0.0047
2-MIB(カビ臭) 80%以上 95%以上 検出せず 95%以上 検出せず
CAT(ジマジン/農薬) 80%以上 92%以上 検出せず 92%以上 検出せず
溶解性鉛 80%以上 89%以上 検出せず 90%以上 検出せず
遊離残留塩素 80%以上 99%以上 検出せず 99%以上 検出せず
濁り 80%以上 - - 19%低下 -

※1 JIS-S3201が規定する、当該除去物質の除去率

こんな物質が、水を汚染しています。

物質 汚染原因、影響
トリハロメタン類 浄水過程での塩素と、水道原水に残った有機化合物が反応してできます。発ガン性が指摘されています。
ハイテク汚染物質 トリクロロエチレン、テトラクロロエチレンなど。グリーニングやハイテク工場の洗浄液などが、地下水などを汚染することが多いといわれます。
農薬 ゴルフ場などので使用される農薬(シマジンなど)。一般に使用されている農薬類は河川に流れ込み、また地下水を汚染します。
臭気物質 ジェオスミン、2-メチルイゾボルネオールなどが、水道水のカビ臭の原因物質となっています。湖などの富栄養化によって藻類が繁殖し、臭気が出てきます。
鉛給水管、給水管からの溶出が原因とされています。pHの低い水ほど溶出しやすくなります。鉛は、貧血、消化管の障害、神経系の障害、肝臓障害などのへの影響があるといわれています。
クリプトスポリジウム 原虫の一種で、水道水源の汚染によって水道水に侵入します。集団感染を引き起こした例もあります。

浄水器協会ホームページ(http://www.jwpa.or.jp/)より抜粋

C1の開発は、リサイクルシステムの開発でもありました。

c1-recycle

水も、そしてフィルターを作る素材も、大切な地球の資源です。だから日本ガイシは、C1の開発に合わせて、リサイクルシステムも新たに立ち上げました。使用期限が切れたカートリッジを新しいカートリッジと交換する際、使用済みカートリッジを無料で宅配業者が回収し、集められた使用済みカートリッジはリサイクルセンターで分解されます。

純度の高いアルミナを主成分としているファインセラミックフィルターはセラミックスの特性を活かして、耐火物の原料に、カートリッジの外枠であるケース部分も、粉砕、再ペレット化して樹脂製品の原料になります。また、活性炭は、加熱再生され脱臭剤などに活用されます。

C1という製品を通して、水と暮らしの在り方、暮らしと環境の在り方を提案していきたいと日本ガイシは考えています。

c1-recycle

c1-recycle

c1-recycle

C1シーワン浄水器ビルトインセット へ戻る »

資料請求フォーム

このページの上部へ戻る »