HOME水素水 還元水 浄水器トピックス浄水器人気3製品比較

ちょっとした浄水器から、ちゃんとした浄水器に!

日本に於ける浄水器の製品数は1万点以上、その普及率は40%を超えています。
浄水器を買う際に、一先ず、値段が手軽のもの 使い方が簡単もの 場所を取らないもの 入居した時から付いていたものなど、本来の目的以外で今の浄水器を使い続けている方は案外多いのではないでしょうか。 日本での浄水器を使う目的は、水道に投入された塩素の除去と化学物質、金属類、溶け込んだ溶剤など不純物の除去です。

もし、このページをご覧頂いている貴方様が今、間に合わせや、引っ越した家に付いていた ちょっとした浄水器 をお使いなら塩素の除去リッター数 不純物除去項目数 通水量などを比較してみて下さい。

ちょっとした浄水器

※ カートリッジ交換 平均3ヶ月毎

  • ピッチャー型
  • 塩素除去能力 200L
  • 蛇口一体型
  • 塩素除去能力 1,200L
  • 蛇口先付け
  • 塩素除去能力 900L

ちゃんとした浄水器

※ カートリッジ交換 平均1年毎

  • シーガルフォー浄水器 X-1DS
  • 塩素除去能力 150,000L
  • シーガルフォー X-1DS
  • ゼネラルエコロジー
  • シーガルフォーの最大の特徴はカートリッジの隙間を平均直径0.1ミクロン最大直径0.4ミクロンに設定している事で、カートリッジ内部には人体に有害な悪性菌の進入が全く無い。この為に国産浄水器に多く見られる抗菌剤としての【銀】を使用しない部分などが自然本物志向の人々からの根強い支持を集める。
  • 定価 140,400 円(税込)
  • シーガルフォー浄水システム
  • シーワン浄水器 CW-101
  • 塩素除去能力 7,500L
  • シーワン CW-101
  • 日本ガイシ
  • (通販生活)カタログハウスの登用から一気に人気No.1に躍り出た感がある日本ガイシC-1「シーワン」。粒状活性炭とファインセラミックフィルターで、JIS-S3210【家庭用品品質表示法】での高除去率と使用済みカートリッジを完璧にリユースする日本ガイシの企業姿勢と斬新なスタイリングが人気を後押しする。
  • 定価 64,800 円(税込)
  • シーワン浄水器
  • Re (アールイー) 浄水器
  • 塩素除去能力 160,000L
  • Re (アールイー) 浄水器
  • ユーピー
  • 2010年1月に発売され、66項目における化学物質の高除去率で、注目度No.1、80カ国以上の使用実績をもつカートリッジの信頼性とバランスが取れたスタイリング、年/16,800円のランニングコストを武器にシーガルフォー、C-1と並ぶ浄水器のスタンダードモデルへと成長中!
  • 定価 70,200 円(税込)
  • アールイー浄水器

ちゃんとした浄水器 除去リッター比較表

除去物質 シーガルフォー X-1
除去リッター数
日本ガイシ C-1
除去リッター数
Re (アールイー)
除去リッター数
塩素 150,000 7,500 160,000
総トリハロメタン 4,500 7,500 15,000
濁り 8,000 7,500(流量50%時) 14,000(流量50%時)
クロロフォルム 4,500 7,500 15,000
ブロモフォルム 5,000 7,500 15,000
ブロモジクロロメタン 5,000 7,500 15,000
ジブロモクロロメタン 5,000 7,500 15,000
テトラクロロエチレン 30,000 7,500 15,000
トリクロロエチレン 30,000 7,500 15,000
1.1.1-トリクロロエタン 4,500 7,500 15,000
CAT 12,000 7,500 90,000
2-MIB 11,000 7,500 130,000
溶解鉛 7,500 8,500

ちゃんとした浄水器 は、ちゃんと接続してこそ、その真価を発揮する!

お客様宅のキッチンや水栓に合わせ、取り付けをお選び頂けます。

シャワー蛇口は中間分岐栓の取り付けで

コックのスライドで出し切り

どうせ買うなら ちゃんとした浄水器 を使った方が最終的にはお得かも!

日本は世界有数の上水道普及率を誇り、近年になりオゾンを使った高度浄水処理により 浄水場内での投入塩素量は大幅に減らす事ができました、しかしながら、明治時代に始まった水道配管が一世紀以上経った事もあり、ここに来て水道管の老朽化が問題になり始めています。「せっかく浄水場で綺麗にしても蛇口から出てくるまでに汚れが混じる」という状況です。水道管内の錆や汚れなどの不純物が多い場合は、浄水場で投入された塩素が水道管内の不純物に吸収される為に、逆に浄水場から各家庭に向けた処理水「水道水」には塩素の投入量が、増え続けています。

当社は、浄水器の販売と保守を始めて四半世紀になりますが、近年になり浄水器のカートリッジ交換時に驚きを隠せない事が開設時に比べて本当に多くなりました。 浄水器に今求められる性能は、水道水からの塩素の除去と水道管の腐食物の除去能力です。

新カートリッジと旧カートリッジ

資料請求フォーム

このページの上部へ戻る »