HOME放射性物質を除去して水素水を生成 - ウィズシステム

3月11日以降の環境激変に対応した放射性物質を除去して水素水を生成するシステム

放射能を帯びた粒子物質( 放射性物質 )を微細穴カートリッジで浄化した後、電気分解により水素を溶存させ、呼吸や食事から体内に侵入する放射性物質のリスクを軽減する「 With System (ウィズシステム)」 の紹介です。

パールウォーター 278,640円
Re飲料水浄化システム 70,200円
セット割引 △ 55,650円
販売価格 293,190円 (税込)

放射性物質除去試験結果報告 »

Re(アールイー)66項目除去データ »


パールウォーター 278,640円
シーガルフォーX-2BS 189,000円
セット割引 △ 108,972円
販売価格 358,668円 (税込)

シーガルフォー 放射性物質除去試験結果報告 »

シーガルフォー各能力試験結果 »

放射性物質を浄化しリスクを軽減

福島第一原発の崩壊で飛散している放射性物質(放射性ヨウ素、セシウムなど)は、放射線として水道水に混入しているのではなく放射性粒子物質(空気中の塵などに付着)として水道の水源となる河川や湖に降下し、浄水場で浄化できずに水道水に混入した時期がありました。このWith System(ウィズシステム)の浄化段階は、プレスカーボン方式により放射性粒子物質よりも細かな隙間を持つカートリッジで浄化濾過を施します。

日本医大:水素で活性酸素除去 ラットの脳炎症、改善

水素は、選択的に細胞障害性活性酸素を還元することによる治療的な酸化防止剤の働きをします。

水素を使って、体に有害な活性酸素を効率よく除去することに、太田成男・日本医大教授(細胞生物学)らが成功した。脳の血液の流れを一時的に止め、活性酸素を大量発生させたラットに水素を吸わせると、脳の炎症が改善することを確認した。脳梗塞(こうそく)の治療につながる成果で、米医学誌「ネイチャー・メディシン」(電子版)に8日発表した。

活性酸素は酸素の一種だが、酸化作用が強い。細胞や遺伝子を傷つけ、がんや動脈硬化などの引き金になるとされる。研究チームによると、水素は活性酸素が持つ酸化とは逆の作用をする。ラットの細胞に薬剤を加えて活性酸素を作った後に水素を加えると、活性酸素の中でも悪質なヒドロキシルラジカルがほぼ半減し、死滅する細胞もほぼ半分になった。

また、脳の血流を一時的に止めて活性酸素を発生させたラットに2%の水素を含んだ麻酔ガスを吸わせると、脳の炎症が治まり、6匹中4匹は両足を動かせるまでに回復した。水素を与えないラットは、足が動かなくなるなど症状が悪化した。

【田中泰義】

毎日新聞 2007年5月8日 東京朝刊

環境の激変、そしてこれから・・

2011年3月11日の東日本大震災から日本の環境は大きく変わりました。今、我々に必要な事は起きた事を悔やむ事ではなく自分と家族の健康障害となるリスクを出来るだけ減らす努力をする事ではないでしょうか。

資料請求フォーム

このページの上部へ戻る »