HOME商品一覧水素吸入器 吸引器水素ガス吸入機 Hydrogen Gas Inhaler

水素ガス吸入機 Hydrogen Gas Inhaler EX MHG-2000α

水素ガス濃度を爆発限界未満に制御している唯一の水素ガス吸入機

特許第5091364号、第5100911号、第5900688号

水素ガス吸入機

水素ガスを毎分約2,000ccの空気で6.5%前後に調整した
水素ガスを吸入出来る家庭/業務向けタイプ。

MiZ社 水素ガス吸入器 MHGシリーズ DX MHG-2000α

MHG-2000αの特長

水素ガス濃度を制御

本機は水(精製水、蒸留水)の電気分解により水素ガスが発生する瞬間に空気を電極表面に吹き付けることで、水素ガスの発生時から患者さんが水素ガスを吸入するまでの全ての過程において、水素ガス濃度を実験的および文献的な爆発下限界未満である10%未満に抑える対策を行っています。

非常時対策

希釈用空気を検知しない場合、電気分解用の水が無くなった場合、および機器が揺れなどで転倒した場合にはそれぞれ自動停止する安全機能を備えています。

水素ガス濃度表示

水素ガス発生の状態と希釈用空気を常時監視するシステムにより、混合気の水素ガス濃度をリアルタイムで計測し表示する特長を持っています。 ※吸入機MHG-2045には実装されていません。

原料は精製水

原料が水(精製水、蒸留水)ですので、電源と水があれば、どこでも手軽に水素ガスの吸入ができます。

連続使用時の水素ガス濃度

水素ガス吸入機の作製方法と水素ガス供給の原理、ならびに水素ガス吸入機の水素濃度設定を約3%とし、始動後3時間にわたり水素濃度を測定した結果が米国を拠点とする医療ガス専門の国際的科学誌(メディカル・ガス・リサーチ誌)に掲載されています。

グラフ

特許証

2018年9月 開発元のMiZ株式会社は、
発明名称「水素ガスからなる認識機能低下抑制剤」で、
特許第6395774号を取得しました。

水素ガス吸入機 MHG-2000α  仕様

型式 DX Q-in α MHG-2000α
供給量 2L/分
水素ガス濃度 6.0〜7.5%
水素ガス濃度表示 表示
吸入時間設定 5〜90分(5分間隔で設定可能)
定格電圧・周波数 AC100V・50/60 Hz
定格電流 1.4 A
使用周囲温度 約10〜40℃
給水水質 生成用:当社水素ガス吸入機用専用蒸留水、冷却用:水道水(冷水)
外側寸法(mm) 幅254 × 高さ278 × 奥行170
重量(kg) 約3.0

資料請求フォーム

このページの上部へ戻る »